忍者ブログ
銀英伝(赤と金のヒト)、宝塚・宙組にわかファンMike(ミケ)のブログです。
2017-051 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 prev 04 next 06
17  16  15  14  13  11  12  10  8  9  7 
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


作品オフィシャルサイト 2009年作。アメリカ。97分。

ゲイの映画です。
それも笑って泣ける大人向きの上級ラブコメディー
ミケにとって、思い出すだけで口元が緩んで涙目になりそうな
超名作です。

主人公スティーブン(「マスク」のジム・キャリー)は
家庭を持つ良い夫でパパ。けれど、自らの不幸な生い立ちを背景に、
突然、家族のもとを去り、自分のワガママ放題の人生へと
路線変更していきます。
彼の切替えた新しい人生は、セレブなゲイ生活☆
恋人とリッチに過ごしたい。恋人には散々贅沢させてあげたい。
そんな理想を叶えるための財源は全て詐欺行為によって捻出。
スティーブは頭が良く、パートナー(男)にも尽くすタイプ
仕事(詐欺)も恋もしばらくは上手くいきますが・・・、
ツメが甘くて逮捕・懲役刑を受けてしまいます。

そこでスティーブンは運命の相手、フィリップ(ユアン・マクレガー)に
出会い一目ぼれv 獄中ながら2人は桃色のハッピーライフを満喫しますv
ユアン・マクレガーってスターウォーズでオビ・ワンだった人ですよ;
あの逞しいジェダイ・ナイトが、もうめっさカワイイ受に変貌;
スティーブを見つめる瞳は、もう子犬のようにうるうる☆キラッですv
ユアンが!ユアンが~~ッ!
初めて視たとき大爆笑しました;すごいな;プロの役者さんて;

2人は別々に出所。その後は何もジャマするものは無い夢のゲイ生活・・・。
けれど、スティーブン。彼は常にいっぱいいっぱいに満たされていないと
いけない性分なようで、ゴージャスな生活を過ごすために、フィリップを
もっともっとも~っと幸せにしてあげる為に詐欺行為をエスカレート
させていきます。最初は幸せを感じるフィリップですが次第に金回りの
良すぎるパートナーや、その素行を怪しむようになり、その結果・・・。

フィリップの為なら何でもするスティーブン。
常軌を逸したパートナーに、次第に心が離れていくフィリップ・・・。
彼らの幸せはいったいどこに。

スティーブンは常人離れしたバイタリティの持ち主で、
パートナーの為なら死をも厭いません!
視ていて本当にマンガみたいに面白いキャラですが、現状に満足せず、
がむしゃらに上を目指そうとする真っ直ぐで一途過ぎる生き様は危険
も孕みます。フィリップとも相思相愛で、普通にしていれば普通に幸せ
なのに「もっともっと」と求めてしまう。
それは彼の人間性を育んだ生い立ちにあるのでしょう。
おバカギャク炸裂の本作ですが、ちょっと切ないスティーブンという人間の
ドラマに・・・・。気が付いたら終盤は大感動です。

真似の出来ないスティーブンの大恋愛劇。
一歩間違うとストーカーになってしまいそうな危うい情熱家ですが、
憎めないキャラクターです。
別れてもちゃんと家族には金銭援助を続けていたり、
突然離婚された元奥さんがスティーブンをまるで恨んでいなかったり・・・。
それどころか彼の最大の理解者で、前妻というより“お母さん”になってます。

見終ったあと、とってもハートフルな気分にさせてくれる
刺激的で素敵なコメディ大作です。

ただし、大人向け;
のっけから後ろからなさっている男×男シーンが出てきたり
随所にゲイジョークが散らばっていますので、
まぁ・・・家族で見ることはオススメできません;




拍手

PR
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS
Profile
HN:
Mike(ミケ)
性別:
女性
自己紹介:
うっかり宝塚の銀英伝を観に行って、その両方にハマったこまったヒト・・・;

金の人と赤い人スキー。

ベースはオタで、いつかアメトで銀英orヅカ芸人をやって欲しいと思っている。
ヅカでは悠未ひろサン朝夏まなとサン贔屓の宙組ファン。

普段は電車好きの坊に振り回されるパタパタママやってます。
Dye leaf
腐向け赤金ブログです。パスワード有v
Mailform
ご感想・お問合せ等ご利用ください。
ブログ内検索
"Mike(ミケ)" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]